HOME > プロモーション事業 > メディアスクリーン2Way > CONTENTS紹介

イベントゲーム紹介

ピンセッター信号連動でオートスコアラーでは出来ないゲームや演出効果
1.Balloon Bomb Game・・・第一弾ゲーム 決められた条件(ストライク発生回数など)を競い、先に風船を割れば勝ちとなる

↓

↓

↓

風船をアニメーションさせる前に別の映像を挟み込む事も可能です。

↓

↓



2.Monster Grow Game・・・決められた条件(ストライク発生回数など)で餌(ボール)を与えて、先に怪獣を育てれば勝ちとなる
Monster Grow Game

3.Monster Buster Game・・・決められた条件(ストライク発生回数など)で攻撃を与えて、先に怪獣を倒せば勝ちとなる
Monster Buster Game

※対戦ゲーム
全てのイベントゲームの「ゲーム設定」では、一つの条件(ストライク発生など)に対して
  1.自身のレーンに対してはどうするか? / 2.相手のレーンに対してはどうするか?
の2種類を設定する事が可能です。 この設定を行うと対戦型ゲームも行う事が可能となります。

(非対戦時)ゲームクリアの為の条件を「6ポイント」とし、1回のストライク発生で自分にだけ「3ポイント」加算される設定の場合 対戦ゲーム

(対戦時)ゲームクリアの為の条件を「6ポイント」とし、1回のストライク発生で自分には「3ポイント」加算し、相手からは「2ポイント」減算する設定の場合 対戦ゲーム

4.ピンセッター連動機能 + ストライクチャレンジ
・ストライクチャレンジ
ストライクチャレンジ実施中にピンセッター連動機能を使用すれば、迫力のある演出が行えます。
↓
コンテンツ表示にてストライクチャレンジ進行中。
↓
ストライク発生レーンにアニメーション表示。
↓
引き続きマルチ画面にて対象レーン全体に演出。
↓
発生レーンにはマークを残し、ストライクチャレンジを継続。
達成マークだけでなく、回数表示する事も可能です。


5.ピンセッター連動機能 + エキサイタ表示

・エキサイタ
オートスコアラのエキサイタ機能をスクリーンで表現します。

↓

ストライク発生にてアニメーション表示。

↓

元の映像に戻る。

レーン範囲が決まっていればマルチ動画も利用できます。

↓

ストライク発生にてアニメーション表示。

↓

元の映像に戻る。